カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/03/22 (Sun) 17:25
【備忘録】サブルーチン

サブルーチンとは (subroutine): - IT用語辞典バイナリ

【英】subroutine
同じ目的の処理を何回か行わせる場合、その部分を一つのプログラム(サブルーチン)として独立させ、あとから呼び出して(サブルーチンコール)使えるようにすれば、同じ処理のプログラムを何回も書く手間が省け、プログラム全体も見やすくなる。

このようにすることにより、プログラム全体の開発効率が向上するだけでなく、デバックが容易になり、記憶領域の容量の節約にもつながる。

なお、サブルーチンには、オープンサブルーチンとクローズドサブルーチンの2つがあるが、一般にはクローズドサブルーチンをサブルーチンと呼んでいる。これに対して、全体のプログラムを構成する基本的な流れは主プログラム(メインルーチン)と呼ばれる。
スポンサーサイト

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。