カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/03/03 (Tue) 03:46
Under the Rose (1) 冬の物語

最近、古本屋で見つけた一冊。

何の気なく店内を回っていると、他とは異彩を放つデザインの本に目が留まる。

BG(外装)黒に、明朝体フォントで赤字タイトル、他は白文字というなんとも個性の強い本が一冊。

そもそも本屋に黒表紙の本なんて少ないから目立つ目立つ。

気になって手をかけた

その時点で、この本の売り方は成功してるな、と納得。

どんな良作でも人の目に留まらない限り、飽和する商品郡に埋もれゆくのが世の運命。

それを勝ち抜いた作品は一体どんなものぞや?

と買ったのが「Under the Rose (1) 冬の物語

概要は、こんな感じ↓

■出版社/著者からの内容紹介
19世紀英国。没落貴族の公爵家の娘・グレースは愛人のロウランド宅で謎の死を遂げた。
彼女の息子ライナスとロレンスは実父・ロウランド伯爵に引き取られるが、ライナスは母の死にロウランド家の人々が関わっていると疑念を抱く。
真相を究明しようとするライナスの孤独な闘いが始まった。
初見の感想は、
『フラットな昼ドラ』

読んだのが第一巻ということもあってか、時代・キャラクター・環境などの雰囲気や世界観が細かく丁寧に描写やされている。
(背景のあるとき、ないときの差が激しいが。

しかし、
キャラクターが多すぎて各自の個性を理解する前に展開が進んでしまうのが難点。。
もう少し小出しにするとより際立ったのではなかろうかとも思う。

そういった点では『夜桜四重奏』も似たようなことが言えたなぁ。

後半部に差し掛かるに連れて、よりドロドロした物語が展開される雰囲気はあるものの、目的である「母の死の真相」は靄が掛かったまま。

<結論>。
2巻目を買うかどうかが迷うところだが、大化けしそうな雰囲気があるので一応購入予定。
スポンサーサイト

2009/02/08 (Sun) 05:15
情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」

【本】情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」

一行で言えば。
本は読んだままで終わるのではなく、内容を抽出し、整理・記録し、アーカイブを作りなさい。
的な内容でした。

もっと大雑把に言えば、
本は"目的"を持って読みなさい。
といったトコかな。

こういったHow to本やビジネス書で語られる内容のほぼ全てが、重要な事柄とその事柄をイメージしやすい事例で固められているのが基本ですね。

どんな人(ターゲット)が読むのか?
どういった内容が好まれるのか?
それは共感を得るのか?・・・とかね。

けれど、
大体が筆者の体験・経験談だったりと読み手が共感できないような内容も然り。

あっしは本との出会いが悪いのか、著者が言いたい事ばっかり語る読者放置タイプの本が当たり易いんです。

その点、この本は共感6割。疑問4割。
なので、
打率の高い良本の部類に入ります。


大きく分けてファクターは以下の4つ。
・読みたい本の探し方。
・効率的な買い方。
・記憶&理解する読み方
・得た情報の出力方法

後はあっしが勝手に感じたことは、
・継続のコツ
・ノートの具体的な使用・活用方法
・アンテナの大別
ってとこですネ。

もっと詳しく知りたいって方は一度買って読むことをオススメします。

【本】情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」

百聞は一軒に如かず。

読書は知識を増やしてくれますからね。

勉強になりました。

2009/02/04 (Wed) 04:06
ジャケ買い090203

あっしはよくブックオフとか古本屋を

大体月イチで利用するんですが

そのとき必ずやるのが

本のジャケ買い


数多在る本の中で

そのときの自分の直感とセンスに任せて

逆転裁判4のオドロキ君ばりに

「くらえっっ!!」

つって選び抜いた商品をレジにたたきつけます。(マテ

その本日の品がこちら。

■けものとチャット (1)
ファミ通で「いい電子」を書かれている、みずしな氏が描く4コマ漫画。
猫の声が分かる以外普通の女子高生が主人公とそれを取り巻く猫たちや必要以上に濃いキャラがいい感じに?日々を送ってくほのぼのした作品。

別にこれといって"ココがおもしれー!"っていうのはないけど、設定にムリがある漫画とかで感じる違和感っていうか抵抗感?とかそういった類のモノが全くないので、スススっと読めちゃう感じ。
やっぱみすじな氏の作品すきだー。

■Kana (1)
地下鉄の片隅で、こちらを見つめる半人半鬼の少女と平凡な中学生?が出会ったことから物語が始まるファンタジー系の漫画。
絵もボチボチ綺麗だし、イベントシーンは勢いがあって大衆に好まれる感じがするが、如何せん背景や設定の細かいトコロに手が届いてない感じ。
読み終えて思うのは、「イヤイヤ、これが目指すところはどこ?」ってのが正直な感想。

■サプリ (2)
広告代理店に勤めるCMプランナーの藤井ミナミが、27歳になってはじめて自分の進んできた道(徹夜・休日出勤・中性化している自分)を猛省しながら、仕事に恋愛にやきもきする漫画。
前にジャケ買いしてから、立場は違うけどなんか共感できるところが多いなぁって感じた作品。
「働きマン」とベクトルはほぼ同じで、見てる視点が違う感じ?
こういう頑張ってる人は好きだな。

2009/01/18 (Sun) 03:19
ジョジョの奇妙な冒険 49

オビに

「時は動き出す! 承太郎復活!!」

って書いてあったんで、「アレ?そんなに復活早かったっけ?」と思いきや・・・

巻末辺り、エンポリオ承太郎からのメールが届くという姿見せず終い。

うぉいっ!!ヽ(゚Д゚; )

…でも、おもろいからいいやww


2009/01/17 (Sat) 10:05
【漫画】破戒劔師 第1巻

コンビニの本棚でふと目に留まったのもあって、ジャケ買いした漫画。

古代中華の国を舞台に一刀を二刀の様に扱う流派・劔仙弐刀の風来坊(主人公)が着の身着のまま旅する剣劇漫画。

要約するとこんな感じかな?

んー。。

こういう絵もキライじゃないし、内容は面白いと感じるんだど…何かが足りない。。

もうちょっと話が見えてくると面白いのかも?

2巻目に期待な漫画ですな。

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。